Perl システム開発

Perl システム開発

木本システム株式会社

システムが完成するまでの流れ

お見積りからご契約、システム開発の開始・完成までの流れのご説明

1
システム開発のご検討

システム開発で実現したい内容が固まってきましたら、他社様のサービス内容・価格と比較して、お問い合わせをご検討ください。

2
お問い合わせ

お問い合わせのメール、または電話で、お問い合わせください。メールの場合は、翌営業日までに、電話でご連絡を差し上げます。

3
お電話でのご相談

実現したい内容と希望するスケジュールについて、お伝えください。予算・スケジュール内で実現可能であれば、簡易的な見積もりを作成いたします。

4
対面でのコンサルティング

東京23区、神奈川県横浜市でのコンサルティングをご希望の場合は、複数の日時をご提案いたします。場所は、御社様、近くのファミレス、喫茶店、木本システム本社を、ご選びください。また、Skype、Lineを利用したビデオ面談もご選択いただけます。東京23区、神奈川県横浜市以外の場合は、ビデオ面談になります。

5
コンサルティングの内容

コンサルティングでは、リスニングを実施して、Webシステムで実現したい内容を、過不足なく、書き出して確認します。開発ボリュームから、可能なスケジュールをお伝えします。システム開発では、細かい部分で、実現したい内容が変更したり、追加したりすることが頻繁に起こりますが、対応可能です。ただし、その分スケジュールが後ろに伸びることを、ご了承ください。

6
契約形態

システム開発の契約形態は、準委任契約型のシステム開発委託契約です。システム開発の作業に対して報酬を支払う契約です。システムの完成を約束して、引き渡す請負契約とは異なるので、ご注意ください。システム開発では、開発の段階で、機能の追加が頻繁に起こり、品質を確保した、決まった納期を約束することは難しいです。そのため、準委任契約のみを契約形態としています。

7
契約内容の確認

木本システムの方で、システム開発委託契約書を作成します。契約内容をご確認ください。契約内容の細部は、調整することができます。開発内容、価格、開発開始日、期間をご確認ください。

8
チャットを使ったコミュニケーション

ここからは、契約後、システム開発の始まりです。ご担当者様とチャットを使って、日々のコミュニケーションを行います。お客様が利用しているチャットシステムがあれば、ご指定ください。ない場合は、こちらから提案致します。ソフトウェア開発は、認識のずれが生じることで、開発期間が伸びる傾向にあります。日々のコミュニケーションで、認識のずれを減らすことが可能です。

9
システム開発

クラウドサーバーまたはVPSサーバーを使って、開発環境を構築します。担当者様は、Webブラウザ上から、日々開発されている内容をチェックして、チャット上で、質問や希望を伝えることができます。木本システムの開発者の方からも、必要な質問を日々繰り返し、それをフィードバックして開発を行っていきます。

10
機能と品質の向上

システム開発が進んできて、リリース可能な状態になるまで、機能と品質を向上させていきます。可能なスケジュールの中で、機能と品質が満たされれば、本番環境へリリースです。

11
本番環境へリリース

待ちに待った本番環境へリリースです。サービスや業務に支障がでる不具合が発生した場合は、当日中に対応します。

12
継続的な保守開発

継続的な保守開発が必要な場合は、同一の基本価格で、契約を継続することが可能です。オプションサービスの追加・変更・削除も対応できます。

システム開発の対応エリアは、東京都23区・神奈川県横浜市。
この他の全国地域でも、リモートワークによるシステム開発の相談可。
お問い合わせは、お電話でもOK。
営業時間10:00~19:00(月~金営業、祝日・年末年始休み)