Perl システム開発

Perl システム開発

木本システム株式会社

安心のセキュリティアップデート

Perl発表の1987年から、2020年現在まで33年の後方互換性の実績あり
コードの変更なしで、また最小限の修正で、セキュリティアップデート可能

Perl発表から現在まで33年間の後方互換性の実績

Perlが発表された1987年から2020年現在まで、高い後方互換性の維持の方針と実績があります。ソースコードに修正を加えず、また、あったとしても最小限の修正で、Perl自体をアップデート可能。サーバーをアップグレードして、最新のPerl上にアプリケーションを移動するも簡単。

安心のメンテナンス体制

Perlコアチームは、後方互換性とセキュリティ問題に多くの関心を払いながらPerlのメンテナンスを行っています。突然の大きな変更よりも、小さな改善を繰り返していくのが、Perlコア開発の特徴です。

セキュリティ脆弱性の対処が簡単

Perlや、Perlのライブラリにセキュリティ脆弱性が見つかったときも、対処は簡単。Perl自体やライブラリの後方互換性が高いので、ソースコードへの変更はなし、あるいは最小限の変更で、セキュリティアップデートができます。アプリケーションの改修費用が足りないために、脆弱性が残されたまま、サーバー運用を続けるリスクを最小限にできます。

システム開発の対応エリアは、東京都23区・神奈川県横浜市。
この他の全国地域でも、リモートワークによるシステム開発の相談可。
営業時間10:00~19:00(月~金営業、祝日・年末年始休み)